苦手な人必見!上手にヘアメイクをするコツ

By | 2015年11月30日

パウダーはつけすぎていませんか?

しみやしわ、毛穴を隠したい!と、ついつい塗り過ぎてしまうのがファンデーションですよね。プロのヘアメイクのように仕上げるには、一度にたくさん塗り過ぎないのがコツです。具体的には、米粒大ほどの少量のパウダーを、顔全体にブラシで伸ばす感じです。カバーしきれないときは、さらにブラシに米粒大のパウダーをとって塗ります。また、パウダーをつけるまえには、化粧下地やリキッドファンデーションをティッシュオフすると、肌にしっかり密着しますよ。

マスカラは塗り過ぎていませんか?

眼をぱっちりとした印象にするために、エクステやつけまつ毛をしていない人は、マスカラを重ね塗りして目力をアップしますよね。しかし、塗り過ぎてひじきのようになったまつ毛は、美しいとは言いかねます。印象的な目元にするには、ビューラーでまつ毛をカールさせた後、ビューラーを左右に振動させながらまつ毛に塗り、ゆっくりと引き抜きます。そうすると、マスカラの繊維がしっかりとまつ毛につき、エクステのように長くナチュラルに仕上がりますよ。

とりあえず、髪を巻いてみましょう!

ヘアのスタイリングは、自分ですると思うようにセットできませんよね。そんな時は、スタイリングする前に髪を軽く巻いておくと、どんなヘアスタイルもさまになります。軽くクリップで止めて、おくれ毛をだしたり、適当に結んでヘアアクセサリーをつけるだけで、セルフとは思えない、スタイリッシュなヘアに仕上がります。ホットカーラーなら、メイクをしている間に髪がカールできるので、ヘアアイロンよりも時間が節約できますよ。

ヘアメイク派遣はとても便利なサービスとして利用をする事が出来るようになっており、ヘアメイクの技術を任せる事が出来ます。