少子化高齢化社会によって高まる介護の重要性

By | 2015年11月30日

まだまだ元気な高齢者

日本社会を支えて来た65歳以上の高齢者が年々増えていく傾向にあり、働く人口も減って行く少子高齢化社会の到来を意味しています。今の高齢者は元気がありますが、中でも体が不自由になって介護が必要など、高齢者になっても仕事をする意欲がある人は退職後も何らかの形で続ける事が可能です。仕事第一で生きて来た高齢者は物足りないように感じると思うでしょう。体が元気な人は介護など人の力を借りないで、生きていけると証明してまだまだ仕事の第一線で活躍してほしいですよね。

仕事しながら介護しないといけない

現役世代の人は会社員として何らかの形で働いてる事でしょう。会社で働く以上、現役世代は日本社会を支える役割がありますが、現役世代は仕事だけでやっていけるのか、親の介護など何らかの形で本業以外にもするべき事を持っているなど事情が異なります。親の介護、もしくは祖父母の介護しながら仕事を持っている人は大変だと本業に支障を来たさないようケアが求められます。介護している人はなかなか周囲に打ち明けにくく、一人で抱え込む人は少なくないですよね。それを見抜いて地域のネットワーク利用する事で負担軽減が可能ですよ。

介護は当事者の問題ではない。

介護している人はなかなか周りに打ち明けにくいようですね。仕事や私生活に影響を最小限で抑えられるようサポート出来る環境づくりが求められます。介護度が高ければ高いほど重労働になるだけに、被介護者の負担が増す事は間違いなく、地域によっては介護システムを構築出来ています。体が不自由な人ほど、支援がなくては生活が成り立たないでしょう。仕事している人は、仕事終わって休む間もなく家で親の介護を余儀無くされますが、地域のシステムを利用して負担軽減しなくては被介護者の体が持たないでしょう。

近くの職場で介護の求人を探しているときは、自分の足で近所を歩き回るといいでしょう。施設の看板やガラスに募集案内が載っていることがあ多くあります。