学生時代のバイトの恥ずかしかった失敗談3選!

By | 2015年11月30日

コーヒー床水浸し事件…

誰もが一度はアルバイトで失敗する事ってありますよね。筆者が一番焦った失敗は、カフェで働いていた時でした。新人の時にやってしまった失敗なのですが、コーヒーをカップに注いでいるときに違う作業を思い出してそっちに没頭してしまい、案の定コーヒーはレバーをレバーを上げっぱなしにしていたので、カップから溢れるどころかフロアまでこぼれていたのです。それに気づいたときはもう手遅れで床はコーヒー浸しになってなっていました。誰でも失敗するものですが、このときばかりは目の前が真っ白になりましたね。

プールの監視員が居眠り…

夏休みに短期アルバイトのプールの監視員をしていた時の失敗談です。みなさん、高いイスに座っている監視員を見た事がありますよね?もちろんいつもはお客様が危険ではないか、怪我しそうではないかしっかり見ているのですが、やはりたまに眠くて居眠りしてしまうことがあるものです。居眠りしてしまっただけならまだよかったのですが筆者は、起きたときに落ちそうになり危うくそのままプール落下してしまいそうになりました。言うまでもなくそれからは一回も寝てしまった事はありませんけどね。

アルバイトの面接で…

初めて面接を受けたアルバイトが憧れのパン屋さんでした。憧れの職業だったのでもちろん張り切って面接を受けていました。それなりに好感触でこれは受かると思っていたのですが…お礼を言って帰るときに大失敗を起こしてしまったんですよね。面接を受けていたところが作業場で、床がとても滑りやすくなっていたために足を滑らせて転んでしまい…あろうことか近くにあった焼きたてパンを思いっきり床にぶちまけてしまいました。優しい店長はありがたい事に怒りはしませんでしたが、パン屋で働くという筆者の夢は言うまでもなく散ってしまいました。

高時給のバイトは給金に応じて労働内容も過酷な物が多いので、働く前に必ず内容について確認する必要があります。また、交通費や福利厚生などについても併せて確認することがトラブル回避のための心得です。