資格がなくてもお手伝いはできちゃう保育士のお仕事

By | 2015年11月30日

保育園の運営には有資格保育士が必須!

保育園や保育所、託児施設などは基本的には保育士を優先的に現場に配属していますが、時にはまだ資格を持っていない学生を実務経験を積むために配属することもあります。また、学童保育などは資格がなくても運営できますが、大きな教室として運営するには専門の資格を持った人物が必要なので、有資格者も大切です。それでも、資格はなくても保育関連のお手伝いやお仕事はできるので、保育の仕事を目指している方は求人情報などに積極的に応募してみるとよいでしょう。

学童保育は働きやすい現場が多い

小学生の放課後を預かる学童保育は、保育士の資格や教員免許はなくても運営できますが、親御さんの信頼を得るためには資格があったほうが手早いものです。しかし、学童保育は行政支援も少なく、収入も十分ではないので保育の仕事としては利益は期待できません。そのため、プロの保育士よりもアルバイトや非常勤として人員を補うことがほとんどで、保育の仕事をシたいと思っている人には案外お勧めです。学生でも経験を積みやすく、時間帯にも自由度が高いので保育の仕事を目指している方は試してみてもよいでしょう。

保育園のサポーターとしても働ける

保育所や保育園で働きたい方は、資格がなくてもサポート、お手伝いさんとして協力することはできます。どうしても人員が多く必要になってしまう保育園では常に人手が足りないので、資格がなくて人件費も安くお手伝いをシてくれるスタッフはとても重宝されます。子どもが好きな方にはピッタリですが、利益は求められないので保育の仕事に魅力を感じている方にはおすすめです。求人募集に資格が必要かどうか書かれている事が多いので、まずは募集情報をチェックしてみてください。

保育士の求人を探すときに、職安などに行くという人もいるでしょうが、自宅のパソコンを使い就職サイトから簡単に探すことも出来るのです。